SSブログ

ダーウィンの日記1836年9月20日 [ダーウィンの日記]

4024797.jpg
テルセイラ島南部 Angra do Heroismo


ダーウィンの日記(大西洋; アゾレス諸島のテルセイラ島)

[日記仮訳]

(1836年9月)20日[英国ファルマス到着の12日前]

午前中にテルセイラ島の東端の沖に着き、正午少し過ぎにアングラの町に到着した。

この島は控えめではあるが高くそびえるところがあり、明らかに火山性起源の孤立した錐状の丘の丸みを帯びた輪郭を持っている。 ここの土地はよく耕作されていて、石の壁で区分けされている数多くの長方形の畑に分割され、水辺から中央丘陵の高みまで延びている。樹木はほとんど、あるいは全くなく、一年のこの時期には黄色の切り株畑は焼き尽くされて情景に不快な特性を与えている。小村落と単独の白しっくい塗りの家屋が至る所に散在している。

夕刻に一隊が岸に行った。町はとても清潔でこぎれいな場所であり、約10,000人の住人を擁しており、これはこの島の全人口のほぼ4分の1である。良い店はなく、時折聞こえる牛車の耐え難いきしみの音を除けばほとんど活動のしるしはない。教会はかなり立派であり、以前は相当数の女子修道院があった。だがドン・ペドロ[注]が多くを取り壊した。彼は3つの女子修道院を更地にして修道女に結婚の許可を与え、このことはかなりの老齢の者を除けば喜んで受け入れられたのである。
[注] ペドロ・デ・ソウザ・ホルステイン(パルメラ公; 1781~1850)のことであろう。

アングラはかつてはここの全群島の首府であったのだが、今は諸島の単に1区域だけがその支配下にあるのみでその栄光は去ってしまった。この町は強固な城とブラジル山の麓を取り囲む砲台の列によって守られている[注]。この山は傾斜した側面を持つ死火山で町を見下ろしている。テルセイラはドン・ペドロ[*注]を最初に受け入れた所であり、ここを端緒として他の島を征服し、ついにはポルトガルに至ったのである。 ここ1島で400,000ドルほどもの融資を集め、その額のうち1ファージング[†注]さえも現在の正当な王族および高貴な家系への最初の支持者達には支払われていないのである。
[注] ブラジル山はテルセイラ島南部の小さな半島にある山。下の地図および参考画像参照。
[*注] 前の段落の注を参照。
[†注] 最小貨幣単位。


[地図1] アゾレス諸島、テルセイラ島(アングラ泊地; 緑色のマップポインターの方)

View Larger Map

[地図2] ブラジル山..

View Larger Map

[参考画像] 現在見られるブラジル山の砲台..
4370983.jpg
画像出典: http://www.panoramio.com/photo/4370983

[天候]
1836年9月20日午前10時の天候:
南西の風、風力1、青空、雲、濃い霧、気温摂氏21.7度。

[日記原文]
20th
In the morning we were off the East end of the Island of Terceira, and a little after noon reached the town of Angra. The island is moderately lofty & has a rounded outline with detached conical hills evidently of volcanic origin. The land is well cultivated, & is divided into a multitude of rectangular fields by stone walls, extending from the water's edge to high upon the central hills. There are few or no trees, & the yellow stubble land at this time of year gives a burnt up and unpleasant character to the scenery.
Small hamlets & single white-washed houses are scattered in all parts.

In the evening a party went on shore; —1 We found the city a very clean & tidy little place, containing about 10,000 inhabitants, which includes nearly the fourth part of the total number on the island. There are no good shops, & little signs of activity, excepting the intolerable creaking of an occasional bullock waggon. The churches are very respectable, & there were formerly a good many convents: but Dom Pedro destroyed several; he levelled three nunneries to the ground, & gave permission to the nuns to marry, which, excepting by some of the very old ones, was gladly received. —

Angra was formerly the capital of the whole archipelago, but it has now only one division of the islands under its government, and its glory has departed. The city is defended by a strong castle & line of batteries which encircle the base of Mount Brazil, an extinct volcano with sloping sides, which overlooks the town. — Terceira was the first place that received Dom Pedro, & from this beginning he conquered the other islands & finally Portugal. A loan was scraped together in this one island of no less than 400,000 dollars, of which sum not one farthing has ever been paid to these first supporters of the present right royal & honourable family.

1 Followed by deleted words: 'to the town or rather city of Angra, the capital of the neighbouring islands'.



cdarwin_s.jpg

["ダーウィンの日記(III)"について]
ここで扱っているのはダーウィンがビーグル号で航海に出ている時期の日記です。訳文は私的な研究目的に供するだけの仮のものです。普通は全文を訳します。また、ダーウィンが日記を書いた当時の世界観を出来るだけそのままにして読む事を念頭に置きますので、若干の用語の注釈を除いては、現代的観点からの注釈は控え気味にしてあります。
[日記原典] Charles Darwin's Beagle Diary ed. by R.D.Keynes, Cambridge U.P., 1988.
1835年1月1日より前のダーウィンの日記へはページ左のリンク集が入り口となります。

冒頭画像出典: http://www.panoramio.com/photo/4024797





nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 25

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます